初心者でもわかるストレスチェックの基本知識から活用法までわかりやすく解説

当サイトは初心者でもわかる、ストレスチェックの基本知識から活用法までわかりやすく解説しています。
初めて実施する場合でも、事前に知識を得ておけば安心して導入できるはずです。
家庭でもできるのが家族のストレス度合のチェックですが、その方法もご紹介しています。
家族のメンタルヘルスが気になる場合におすすめです。
またチェックを効果的に利用するための方法にも触れているので、職場環境の改善に役立てたい場合におすすめできます。

初心者でもわかるストレスチェックの基本知識から活用法までわかりやすく解説

初心者であるためストレスチェックの基本から知りたい、という人もいるのではないでしょうか。
ストレスチェックは、ストレスにまつわる選択解答の質問票で、この結果を分析することによりメンタルヘルスの状態を確認することができます。
50人以上の労働者を雇う企業では、毎年1回の実施が義務付けられています。
実施した結果は、ストレスチェックの実施者が分析するのが特徴です。
そして必要に応じて、面接をしたり職場環境の改善をしたりします。

メンタルヘルス維持のためストレスチェックを行う意義を解説

近年、うつ病や不安障害など、精神的な病などにより働けなくなる人が増えています。
それを未然に防ぐことや、自分でも知らぬうちに溜め込んでいるストレスにいち早く気付く方法としてストレスチェックが役立ちます。
50名以上が働く企業では、労働安全衛生法によりストレスチェックが義務化されました。
企業には、労働者が心身ともに健康を維持しながら働けるよう環境を整える義務があり、会社は労働者の健康を守らなければなりません。
チェック内容は、ストレスの原因、現在の精神状態、周囲のサポートはあるかという三つの観点に分けられ、ストレスの度合いが高いと診断された際は、医師による面談なども行われます。
ストレス社会といわれる現代社会では、メンタルヘルス維持は人が健康に生活していくうえで欠かせないものになっています。
働くうえですべてのストレスを除くことは難しいですが、自分のメンタルの叫びに気付き、セルフケアをしていくことがストレスチェックを行う意義と言えます。

子どもたちから大人まで学校で行うストレスチェックとは

公立学校などで多く取り入れられているストレスチェック制度をご存じの方も多いのではないでしょうか。
え、初耳、ストレスチェックって一体何かというと、子どもを取り巻いている環境なのですが、勉強しろという雰囲気の無言の圧力だったり、競争社会で有ることからストレスを感じるコトが多い人が少なく有りません。
そこで、このような制度が義務化されたことで、教職員にとって働きやすい環境作りを実現するために行われています。
紙やウェブで行われるのが一般的になっています。
法制度で義務化されていることから、メンタル面での問題をおこしやすい方への配慮をされていることが少なくないでしょう。
教える側の教職員も、仕事のストレスから問題を起こしそうになるコトも少なく有りません。
ストレスチェックは無料ですが、医師によるカウンセリングは有料になります。
早めに、対処をすることによって、メンタル面での問題でのトラブルを避けたいものですね。

企業でのストレスチェックは義務化!導入までの流れを解説

2015年に義務化された企業でのストレスチェックは、1年に1回以上行うこととされています。
ストレスチェックを実施するには事前準備が必要であり、まず労働者に対してストレスチェックを行うという方針を示します。
その後時期と計画立案の担当者決め、実施者と実施事務従事者の決定を行います。
実施者は労働安全衛生法によって選定方法が定められており、産業医もしくは医師か保健師、研修を受けた看護師でなくてなならず、資格がある人でないとなることができません。
決定したら調査票や高ストレス者の選定基準、面接指導をする医師の決定などを行い、マニュアルを作成し労働者にも実施内容を周知させます。
なおチェックを行うのは義務となっていますが、調査票自体は決められた書式はありません。
厚生労働省では57項目の職業性ストレス簡易調査票を提示しており、参考にすることができます。
外部機関に導入部分を委託することもできるので、難しいと感じる場合は委託をしても良いです。

ストレスチェックサービスの内容と利用の仕方について

社会でストレスを抱えている方が多いと言われているご時世ですが、今労働安全ん衛生法が改正されあこともあり、2015ねんの12月から労働者数が常時50人以上いる事業場ではストレスチェックを年に1ど行われることが義務化されています。
どういった内容なのか、まずはチェックしてみましょう。
今の状況や心理的なことにアプローチをする質問がありますので、それに答えていくことになります。
その上で分析が行われることになりますが、高ストレス者に対しての面接勧奨なども完全代行で利用できるサービスもあります。
多くの企業ではストレスチェックは外部の会社に任せている傾向がありますし、専門的な依頼ができますのでメリットが大きいです。
分析結果をデータ化する事もできますし、それによって企業側は今後どのようにしていけば良いかという事も出していくことができるでしょう。
料金システムなども会社によって異なりますので、比較検討をすることが必要です。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックの基本知識

当サイトは初心者でもわかる、ストレスチェックの基本知識から活用法までわかりやすく解説しています。
初めて実施する場合でも、事前に知識を得ておけば安心して導入できるはずです。
家庭でもできるのが家族のストレス度合のチェックですが、その方法もご紹介しています。
家族のメンタルヘルスが気になる場合におすすめです。
またチェックを効果的に利用するための方法にも触れているので、職場環境の改善に役立てたい場合におすすめできます。

新着情報