家庭でもできる家族のストレスチェックをする方法

家庭でもできる家族のストレスチェックをする方法

一般的にストレスチェックは企業内で行われるものです。
実際にどの程度のストレス状態にあるのか、ストレスが生じている場合その原因が職場にあるのか家庭内にあるのかが判定され、精神状態の悪化を未然に防ぐことができるようになっています。
ですが当事者だけでなくストレスは家族でも生じることがあり、悩みを抱えていることが多いです。
家庭でもできる簡単なストレスチェックは、食欲や睡眠がとれているか、喜びや疲れ、憂鬱な気持ちや不安感、緊張はなかったか、頭痛や肩こりなど身体の症状が出ていないかなどを点数化する方法があります。
5段階評価になっており、まったくなければ5点、非常にあれば1点などと決められており、疲れやゆううつ、不安や緊張、体の症状はその逆になります。
点数が低いほどストレスがあるということになるので、24点以上になった場合は生活を見直し、ストレス解消法を見つけ出さなくてはなりません。
体と心、行動に症状が出やすいので、いつもと違う場合はストレスチェックをしてみるようにします。

義務化されているストレスチェックの方法とは

2015年12月、大企業など会社の希望に応じてストレスチェックは義務化されました。
労働安全衛生法の改正に伴って義務化されたものであり、働いている人のメンタルヘルスの不調のリスクを軽減させる目的と検査結果を分析し、職場環境をよりよく改善していく目的があります。
ストレスチェックの方法はシートへの記入式となっており、仕事に関しての質問に答えていく形となります。
そのため実施する前に誰を対象者とするのか、実践時期はいつなのかを決めなくてはなりません。
さらに面接指導を誰にするのかも大切であり、産業医や保健師、精神保健福祉士に依頼をする必要があります。
社内に産業医がいる場合は比較的スムーズにいきますが、いない場合は人選に時間がかかるため早期に決定することが大切です。
実際に細かなことが決まり次第、質問票を対象となる従業員に配布します。
質問内容は厚生労働省がサンプルとして質問票を提示しているので、参考にすると良いです。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックの基本知識

当サイトは初心者でもわかる、ストレスチェックの基本知識から活用法までわかりやすく解説しています。
初めて実施する場合でも、事前に知識を得ておけば安心して導入できるはずです。
家庭でもできるのが家族のストレス度合のチェックですが、その方法もご紹介しています。
家族のメンタルヘルスが気になる場合におすすめです。
またチェックを効果的に利用するための方法にも触れているので、職場環境の改善に役立てたい場合におすすめできます。