ストレスチェックを効果的に利用するための方法

ストレスチェックを効果的に利用するための方法

企業で働く従業員の健康を守るためにも、ストレスチェックをしっかりと行っていくことが課題となります。
従業員の健康面のことを知って、無理をさせてしまうことのないように、休ませてあげることや職場の問題点がないかをきちんと知っていくことが課題です。
チェックした結果を効果的に利用していくことができるようにする方法として、コミュニケーションをとる機会を作っていくことは重要になります。
ストレスチェックをおこなっていき、データが集まることによってスタッフ一人一人の声を聞く機会を作れます。
自分には合わない部署で働いている方もいるなど、きちんとコミュニケーションをとっていき、スタッフが働きやすい環境を作っていくことが課題です。
しっかりと知ることができるように、ストレスに関することを数値で知ることができるなど、定期的に会話をするきっかけを作っていくことが必要になります。
コミュニケーションをとりやすくするためにも、働き方改革を進めていくことが課題です。

メンタルヘルスを守るためのストレスチェックの活用法

ストレスチェックとは、従業員が50人以上在籍する企業に義務付けられた働く上でのストレスに関する検査のことです。
2015年から実施された検査で年に1回実施することが義務化されており、従業員のメンタルヘルスを守ることへと繋げる大切な検査として実施している企業も数多く存在します。
ストレスチェックを行う実務者は企業によって異なりますが、産業医や産業保健師などが担い、従業員が定められたアンケートに答えるという形で行われ、その結果高ストレス者と認定された方は面談を受けることとなります。
活用法としては、そこから導き出された結果を元に従業員のメンタルヘルス対策や集団分析などがあり、個人の労働環境の改善やハラスメント対策、生産性を向上するための業務改革などを立案することなどが挙げられます。
また、続けることによって見えてくる問題点なども存在するため、結果を収集して保管すると共にストレスチェックを継続することも大切な活用法です。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックの基本知識

当サイトは初心者でもわかる、ストレスチェックの基本知識から活用法までわかりやすく解説しています。
初めて実施する場合でも、事前に知識を得ておけば安心して導入できるはずです。
家庭でもできるのが家族のストレス度合のチェックですが、その方法もご紹介しています。
家族のメンタルヘルスが気になる場合におすすめです。
またチェックを効果的に利用するための方法にも触れているので、職場環境の改善に役立てたい場合におすすめできます。